フレキュレル 色素沈着

フレキュレルで色素沈着を防げる?スッピン・ノーメークになれる方法

フレキュレルのそばかすケアは、メラニン(メラニン色素)を抑制して排出するというWケア。Wケアをして、メラノサイトが作る「メラニン色素」が、色素沈着しないように予防してくれるのがフレキュレルです。

 

●色素沈着させたくない!ためには
色素沈着させないためには、メラニン色素を抑制するだけではダメ。排出を促進しないといけません。そこに注目したのがフレキュレル。

 

肌って排泄器官なのです。メラニン色素が多すぎると排出も追いつかないし、加齢現象で肌の生まれ変わりの周期(ターンオーバー)も遅くなるので、どうしても色素沈着しやすくなってしまいます。

 

色素沈着って、言い換えればメラニン色素がたまった状態。たまったメラニン色素を排出させて過剰にできないようにすれば、色素沈着が起こりません。

 

●フレキュレルが色素沈着させない理由
フレキュレルの抑制・排出のWケアのために必要なのは保湿と美白、というこちらもWの成分。保湿が十分だと肌のバリア機能も十分、機能してくれて、メラニン色素の排出が促進されます。

 

@フレキュレルの保湿成分
フレキュレルの保湿成分は5種類。セラミド2、3、6と次世代スクワランといわれているシュガースクワランにキウイエキス。とっても贅沢な成分です。十分な保湿をすることで肌の新陳代謝を促してメラニンの排出を促進できます。

 

特に、セラミドは不足すると、そばかすができやすくなる、ということで、そばかす対策には欠かせないもの。セラミド-2は肌に一番多く含まれているもので、この量によって肌年齢がわかるぐらい。セラミド-3にはシワを軽減する機能が、セラミド-6は肌の生まれ変わりの周期(ターンオーバー)を促進する機能があります。

 

Aフレキュレルの美白成分
色素沈着に欠かせないのがフレキュレルの美白成分、肝斑に効くといわれているトラネキサム酸など5種類を含んでいます。このトラネキサム酸、メラニン色素の過剰な生成を抑える働きがあります。厚生労働省に認められている美白成分の一つです。

 

保湿と美白のWの成分で、抑制して排出を促して色素沈着を防ぐわけです。
●フレキュレルで、本当にすっぴん・ノーメークになれる?
すっぴん・ノーメークになるためには、しなくてはいけないことがあります。
@継続すること
長い期間を経て、肌に色素沈着が起こっています。
第一段階 肌がいろいろな刺激を受ける。
第二段階 メラノサイトがメラニン色素を生成して、刺激から肌を守ろうとする。
第三段階 役目が終わったメラニン色素をターンオーバーがついていけなくて、全部、排出できなかった。

 

こうして肌に色素沈着してしまいます。この経過には、結構、時間がかかるのです。しょっちゅう肌に刺激を受けると、メラニン色素がたまる一方。それを排出させるためには、フレキュレルを継続して使うこと、これが一番大切です。

 

A用法、用量を守ること
フレキュレルの使用方法は、
・寝る前にクレンジングでお化粧を落とした後、10円玉ぐらいの大きさのフレキュレルを手に取って、下から上引き上げるように顔全体に塗る。
・朝、起きたら洗い流す。
・メイク前に薄く塗る

 

B活性酸素を増やさない生活をする
紫外線を浴びても、ニキビができても、肌のこすり過ぎの刺激があっても、汗が蒸れても、新陳代謝が悪くても活性酸素は発生します。そうなると、メラノサイトが指令を出して肌を守るためにメラニン色素を増やします。活性酸素の発生がそばかすの原因ともいえます。

 

C気にしすぎない
気にするとストレスになって、色素沈着も増えてしまう、というつらい循環が起きます。そばかすは遺伝の影響も大きいので、体質ともいえます。気にし過ぎないことも大切です。

 

フレキュレルを使って、すっぴん・ノーメークになれるならうれしいですよね。フレキュレルの公式サイトにはそばかす対策の方法ものっています。参考にしてください。

 

>>フレキュレルの詳細はこちら

関連ページ

シミにもそばかすにも効く?【Wケアでメラニン対策】
フレキュレルはそばかす対応クリーム。シミにも効きます。メラニンの抑制・排出のWケアでシミにもそばかすにも効くのです。フレキュレルですっぴん・ノーメークになれる!