フレキュレル シミ そばかす

フレキュレルってシミにもそばかすにも効く?Wケアでメラニン対策

フレキュレルってそばかすに特化したクリームだから、シミには効かない、って思っていませんか?よくシミ・そばかすって並べて言いますけれど、本当の違いは何か、というところも気になります。

 

また、シミケアとそばかすケアの違いも知りたいですね。そんなこんなの違いをまとめてみました。結論としては、シミもそばかすも根っこは同じ。メラニンです。フレキュレルのメラニンを抑制・排出するWケアが、そばかすにもシミにも効くのか、も検証してみました。フレキュレルですっぴん・ノーメークをめざしましょう。

 

●シミとそばかすって違う?
シミもそばかすも、肌に刺激があってメラニンがそれを撃退するために活発になってできます。正確には、撃退した後、アカとなって剥がれ落ちるはずのメラニンなのに、肌細胞が新しく生まれ変わるのが遅くて、なかなか剥がれ落ちなくて肌に残ってしまった状態がシミやそばかす。

 

できる過程が同じなのに、どうしてシミになる人とそばかすになる人がいるのでしょうか。シミになるか、そばかすになるかは「遺伝かどうか」の違いです。そばかすになりやすい人っていうのは、お母さんもおばあちゃんもそばかすになりやすかった場合が多いです。

 

シミは紫外線対策が十分でなかったり、加齢でできてしまう後天的なものです。そばかすやシミは、どちらも色白の人の方がなりやすい、ともいわれています。じゃあ、ケアはどうでしょうか。

 

●シミケアとそばかすケアは違うの?
両方ともメラニン対策なので、方法としては同じです。
@徹底的に紫外線対策をする
シミやそばかす予防にも、これ以上増やさないためのケアにも欠かせないものです。

 

AビタミンA、C、Eを含む食べ物を積極的に摂る
ビタミンAは肌の老化を防ぐために、ビタミンCはメラニンの色素沈着を防ぐために、ビタミンEは肌のターンオーバーを促進するために役に立ちます。

 

ビタミンAはレバー、うなぎ、卵、にんじん、ホウレンソウ、かぼちゃなど。油で炒めるとより効果的で、ビタミンEやたんぱく質と一緒に摂るといいです。ビタミンCといえば、ほとんどの野菜や果物を思い出しますが、代表といえばピーマン、パプリカ、ゴーヤ、ブロッコリーなどの野菜、レモン、キウイフルーツ、イチゴ、パパイヤ、オレンジなどの果物です。

 

野菜はゆでたりしないで蒸すのが一番効果的。ビタミンEはアーモンド、オリーブオイル、モロヘイヤ、うなぎ、いくらなど。肉よりも魚の方が多いです。

 

B美白成分を含んでいて、敏感肌にも対応できる化粧品を使って毎日、続ける
シミを消したり、そばかすを薄くするには時間がかかります。毎日のメラニンの積み重ねでシミやそばかすができてしまったのですから、毎日の美白ケアの積み重ねでシミやそばかすを改善するのが一番の近道です。

 

●フレキュレルは、結局、シミにもそばかすにも効く?
フレキュレルは、メラニンの排出も考えたクリームです。排出のために徹底した保湿ケアを取り入れています。成分としては、人間の肌に欠かせないセラミド-2,3,6、次世代スクワランとして保湿力が凄いシュガースクワラン、キウイエキスの5種類という贅沢な保湿成分を含んでいます。

 

メラニン抑制成分としてはトラネキサム酸。肝斑の治療にも使われる美白成分で、メラニンをつくるもとメラノサイトが活発になるのを抑える成分です。こうやって、美白と保湿の成分を十分に含んで、抑制と排出のWケアしていくのがフレキュレルです。

 

シミとそばかすの原因であるメラニン対策を十分にしているフレキュレルなので、そばかすだけではなく、当然、シミにも効果が期待できます。くわしいことは公式サイトにのっています。最安値の定期便もあります。参考にしてください。

 

>>フレキュレルの詳細はこちら

関連ページ

フレキュレルで色素沈着を防げる?【スッピン・ノーメークになれる!】
フレキュレルの贅沢な成分で色素沈着を防ぐこともできます。ですが、色素沈着させないためには継続してフレキュレルを使うことが大切。スッピン・ノーメークも夢じゃない!